音大・音高・音楽コース受験対策のレッスンも対応しています。不来方高校に音楽科があることから、現在受験希望者も数名対策しています。初年度(2018年度入学)から合格者が出まして、対策の傾向に目途が付いたことから、受験対策にも力を入れていくこととしました。

【合格実績】
2018年度/不来方高校 1名 推薦 声楽 (準備期間3ヶ月) 

 科目ごとに受験までのだいたいの残り期限を設け、受験に合格できるだけの潜在能力があるかを最初に簡単にテストし、残りの期間で間に合わないと判断した場合はレッスンのお断りをさせていただいています。
 準備期間3ヶ月での合格は稀です!できるだけ早い方がいいのは当然ですので、受験進路で迷っている方はとにかく一度いらしてください。
「どうせ受からない気がするしなぁ・・・でも他にやりたいこともないしなぁ…」
って言ってる間に進路調査が来て、「やってみる」では遅いです。寝る時間も無くなり「これもやらなきゃあれもやらなきゃ、一般の勉強もして…でも全然出来てない…もうダメだ…」となる前に来てください。
 レッスン始めてある程度すれば、その子がどんな性格の子かは、背中越しでも音を通して大体伝わってきます。思考回路の数・速さ、今何を考えながら演奏しているだとか、演奏中何か考えるのを止めた瞬間とか、どういう怒り方をするかとか、集団の中での立ち振る舞いであるとか、聴覚が強いだとか視覚が強いだとか。(それでも意外だなと思う一面は必ず出てきますが)なので、どんな練習方法をすれば効率良く上手くなるかが自ずと見えてきます。その正確さと細かさが僕のレッスンの最大の自信ポイントです。
 
 音楽で求められる能力は身体能力と感性・表現力に分けられます。身体能力はピアノであれば指が動くかどうか、歌であれば声帯が鍛えられているかということです。それに感性と表現力が必要になります。人によって身長や考え方が違うように、音楽の能力も差があります。いくら鍛えても指が動かない人もいれば、永遠に味のない音楽をする人もいます。
 左記1の期限は大学受験を想定していますが、この2つの能力がもともと優れている、もしくは吸収力・伸びしろがあって順調に上達できる人の場合です。通常平均的にはもっと時間がかかります。

 特に専門として受験する場合は、アカデミックな見解を受けるために大学教授や一流の演奏家にも習ってみることもお勧めします。(その方達の中で指導自体が優れている人はかなり稀だと僕は思います。大学時代を思い出しても、投げやりで一方的な指導をする先生が多いですし、そもそも良くも悪くも芸術家ですからね。)
 料金については現状他コースと同じですが、月ごとの時間を割安で増やす対応をしています。

 受験対策として準備している(いた)生徒さんの将来の展望も紹介します。音楽コースの受験を考えている生徒さんの中でもこんなに進路の幅が出てきています。左記2

 最後に…僕はクラシック畑通ってきましたが、そこから見れば完全にアウトローなタイプです。クラシック界で生き抜くための先生方との関わり方、身の置き方等も必要であれば言及しますので、色々聞いてください:)

 

 

【目的別】

   
  1【受験準備期限の目安】
ピアノ専門 6年(もともと指が動く人で)
ピアノ副科 1年(それなりに指が動く人で)
声楽専門 1〜2年(もともと声が出る人で)
声楽副科 1年(それなりに声が出る人で)
ソルフェージュ 
 音楽を続けていた理系脳の人で1〜2年
 音楽を続けていた文系脳の人で2〜3年
音楽理論 3か月(音楽を続けている人で)
作曲専門 3年(ここでは一定の段階まで対応) 
   
  2【受験対策者の将来の展望】
・クラシック、オペラの歌手
・ミュージカル歌手
・ポップス市場でのアーティスト、音楽家
・学校音楽教員